result

result

Protemは2003年に設立され、ディスプレイ用光学フィルムとFCCL(銅箔柔軟性基板) そしてリチウム2次電池用分離膜、
ハイブリッド用コンデンサー、
フレキシブルOLEDおよびOPV用機材フィルム生産に必須装備として使用されているコーティング&ラミネ-ティングマシーン、
フィルムドローフレーム、スリーティング& カッティングマシーンそしてワインディングマシーンなどを生産する企業で、
“PROTEM”というブランドで海外30ヶ国に直輸出するグローバル強小企業です。
また、印刷電子素子の製造用装備の開発・供給に尽力しており、半導体装備、
水素燃料電池の自動車用製造工程装備を作る新規事業部を開設し、
各分野のトップを目指して365日まい進しております。
再生エネルギーであるポリマー太陽電池および水電解水素ステーション技術開発に成功し、事業化中にあります。
特に(株)プロテ厶は世界で初めて一つの設備に4つの工程ラインの性能を兼ね備えた「マルチコーティングマシン」を開発し、
政府から新技術(NeT)認証を取得して、国内最高の産業技術賞であるIR52チャン・ヨンシル(蔣英實)賞を受賞した、
卓越した技術力をもつ企業です。

全世界的にディスプレイ産業が薄膜軽量化、フレキシブル化する趨勢に合わせて、関連ディスプレイ製品、
2次電池製品の核心素材を加工処理できる新装備の開発にまい進しており、優秀技術研究センター(ATC)に指定され、
1マイクロン級印刷電子用超薄膜コッター装備の開発に50億ウォンの政府支援も受けました。
このような優れた技術力をパターンに産業銀行から20億ウォンの投資を受け、
他の国策投資機関より積極的な投資の提議を受けており、近々企業公開 (IPO)を計画しています。

ファン・ジュングク代表取締役の「未来の新成長動力を確保するために既存の機械装備製作だけでなく、
グリーン産業分野にも絶えず関心と技術開発投資を行っており、未来のグリーンエネルギー源である水素の製造、
保存および分配システムに関する研究開発と炭素繊維複合材料であるプリプレグの
生産システム技術開発および印刷電子である素子用素材の製造技術をアメリカ・ジョージアテックと提携し、
開発を行っています。そしてプロテ厶の全従業員は産業界の要求と期待に応えるため、絶え間なく努力いたします。」
という豊富とともに、顧客満足のために最善を尽くす(株)プロテムが持続的な投資と絶え間ない研究開発によって、
内実あり堅固なグローバル強小企業として、絶えず成長に拍車をかけています。